は、総選挙に積極的に参加する枚方と、物事を成し遂げる都市を構想しています。その住民の助け。私たちは、投票をより利用しやすくすることで、一般大衆が政治指導者を選出する権利を行使することを容易に奨励できると信じています。 

市役所や指定校に行く代わりに、バー、レストラン、軽食店、美容院などの地元の施設と提携して、投票所にもなりました。そうすれば、市民は投票するためだけに邪魔をする必要がなくなります。彼らは自分たちの近所の快適さでそうすることができます。 

さらにやりがいのあるものにするために、参加しているすべてのバー、レストラン、施設は、自分の場所を使用して投票する人々に特別な特典を提供しています。ですから、政治シーンに参加するだけでなく、お菓子をもらえるように、今日どこに投票するかを計画してください。

私たちの住む地域にもっと注目を集めるため

に2011年の最後の枚方市長選挙の投票率を知っていますか?わずか約36%でした。 

日本経済新聞によると、先日の統一地方選挙の市長選挙の平均投票率は約50%です。最高は約77%、最低は33.67%です。国内の都市の中で、枚方市は最も人口の少ない都市の1つです。多くの地元の人々はこの偉業に恥ずかしい思いをし、さらに悪いことに、年が経つにつれて投票率は減少する傾向があります。

有権者の半数以上が選挙への参加を断念しました。関心を失った人もいれば、選挙はもう問題ではないと考える人もいます。投票の仕方がわからない人もいれば、偉大な政治家が勝つ可能性はないと思って諦めやすい人もいます。 

投票を理由はいろいろありますが、 やめるコスマチドゥクリでは、できるだけ多くの人に自分の住んでいる地域に近づいてもらい、社会や政治の分野で何が起こっているのかをもっと身近に感じてもらいたいと考えています。

その結果、全国でさまざまな形で行われている「投票割引」を利用したバー選挙を行うことにしました。前回のバーが開催されてから1年半が経ち、復活することについて前向きな意見を表明する方もいらっしゃいました。

選挙がバーで行われると、これまで以上に枚方の地域活性化につながるプロジェクトとして有権者が楽しむことができます。 Kos Machidukuri は、それができると信じています。

また、このプロジェクトを見聞きすることで、選挙が行われると、より多くの人が集まるようになることを願っています。このイベントに関するニュースを広めることは、他の人々に投票に興味を持ってもらう絶好の機会になる可能性があります。

その後、再び協力店に行き、選挙によって人々がそこで食事をするようになり、枚方市がこれまで以上に活​​気に満ちたものになることを願っています。枚方の活性化に貢献できるよう、「選挙バーに行ってきました」イベントを開催します。

行って投票しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Theme: Overlay by Kaira Extra Text
Cape Town, South Africa